PMBOKの考え方をベースにプロジェクト計画を行い、
顧客ニーズに合わせた計画からシステムの提供を行っています。

 開発時プロジェクト推進の特徴

① WBSを用いたマネジメントを行う。WBSの対象は、システム開発側だけではなく、ユーザー側のタスクを共有し、一体となりプロジェクトを進める。
② プロジェクトやシステムの要件に応じた、セキュリティ対策を実施する。
③ 開発ロケーションは、プロジェクトの内容に応じて最適な場所を選択する。
(持ち帰り、客先常駐)
④ フェーズ毎に見積を実施することで、正確なコストを見える化すると共に、
仕様変更に柔軟に対応する。
⑤ 非機能要件への対応のため、アーキテクチャを並行して構築する。
⑥ デザインにおいて、より専門的な要素を必要とする場合は、優れたパートナーと共に実現する。
⑦ 品質評価(ユーザー側、システム側共に)をフェーズ毎に実施し、リスクを早めに解決する。
⑧ 現状分析やシステム設計の基本設計、総合テストや移行などについては、プロジェクトの性質により、契約形態が最適な形を決める。
例:現状分析フェーズで要件を決定しても、システム設計フェーズいんて仕様が変更される可能性が大きい場合、いつでも対応できる契約形態とするなど
 

 開発技術の特徴

1. プログラム言語 java,.net.PHPなど
2. OS Windows,Linux,Unix
3. データベース Oracle、SQLServer,MySQL,4DDAM