世界の工場としての中国の役割は終焉を迎えようとしていますが、
巨大な市場としての中国は、今現在も、そして今後も拡大して行きます。
そんな魅力的な中国市場ですが、中国市場独自の難しさもあります。
商習慣の違いの克服等は中国ビジネスにおける大きな課題です。
一方、日本市場も中国にGDPを抜かれたとは言え、十分に魅力的な
市場です。その理由は、国民1人当りのGDPの高さにあります。
日本の一人当たりGDPは約45920米ドル(2011年)と中国の
約5413米ドルの8倍強に当ります。
そんな魅力的な日本市場ですが、日本市場独自の難しさもあります。
ところが、日本⇒中国と同様、中国⇒日本も同じような難しさが
存在しています。
特に日本に進出している中国人は、中国人だけのコミュニティを
形成し易い傾向にあり、それらのコミュニティによる情報に基づいて
行動を起こすとビジネスはなかなか成功しません。
私共は、それら商習慣の違い等を克服し、お客様企業の中国(日本)
でのビジネスが成功するように導きます。お客様企業の実情をしっかりとお聞きする拝聴力、完全性を組み
込むための地頭力(仮説構築力、構造化力、抽象化力)、そして
北京生まれ北京育ちのコネクションも駆使して、お客様に最適な
コンサルティング・サービスを提供します。

サービス

・市場調査(グループインタビュー)
・顧客開拓支援
・ビジネスパートナー探索支援
・中国(日本)ビジネス事業計画書の作成
・リクルート支援
・留学支援
・商標登録
・意匠登録

張斌
北京外国語大学英文科卒。在学中に米国留学も経験した。卒業後、北京の貿易会社に就職。その後、2006年に来日し、日本にて国際経営学の修士号を取得後SIRIUS Internationalに入社。現在は北京事業所の総経理を務める。